ヒグマ

< ヒグマとは >

ヒグマ(羆)は、ネコ目クマ科クマ属に属する哺乳類です。
体長はクマの中でもかなり大型に育つ種で、成獣では500kgを越える個体も記録されています。
日本に生息する陸上の哺乳類の中ではダントツで大きな生き物といえるでしょう。

羆


< ヒグマの身体的特徴 >
日本にはツキノワグマとこのヒグマ(正確にはエゾヒグマという亜種)が生息しています。
ツキノワグマは本州と四国の全域に広く生息していますが、ヒグマは北海道にしか生息していません。
完全に生息地が分かれているので、遭遇した場所でどちらのクマか判断してしまって結構です。
北海道で出会えばヒグマ、それ以外で出会えばツキノワグマです。

見た目の違いも明白で、ツキノワグマはヒグマにくらべてかなり小さく、最大でも2メートルに届かないほど。
またツキノワグマの体毛は真っ黒で胸元に半月型の特徴的な模様があって非常にわかりやすいです。
まぁ、ツキノワグマの詳細についてはまた別のページで。


熊 ヒグマ


ヒグマの全長はおよそ2〜3m、体重は200kg〜500kgです。
これはオスのサイズで、メスは全体的にもうひとまわり小さくなります。

しかし食事や環境によってかなり大きさに差が出ることがわかっており、
アラスカの食糧豊富な土地では1,000kgを越える巨大なヒグマが発見された例もあります。
1,000kgってことは、軽トラック(750kg)よりも遥かに重いってことです。
そんなサイズのクマが存在しうるって恐ろしい話だ(汗)


< ヒグマの食性 >
クマというと川でシャケを取っているイメージが強いですが、
実は雑食性で、割合的には木の実や草本を食べていることのほうが多いです。
植物は比較的安定して手に入りますし、栄養価・便通の面でもクマにとっては欠かせない餌。

もちろんヒグマは動物性の餌も狙っていきます。
ターゲットは哺乳類、鳥類、魚類、昆虫、ザリガニなど。

しかしここでも意外なのは、昆虫を食べる割合がかなり高いこと。
ヒグマはアリ、ハチなどが好物で積極的に巣を探しにいきます。
こういった昆虫たちは集団でコロニー(巣)を形成していることが多いため、
一度のチャンスで多くの餌を手に入れることができるわけです。
しかしあの巨体でアリなんか何百匹食べたってお腹満たされないような気もしますが(笑)
単純に空腹を満たすためというよりは、味的に好物だからという説が強いようです。

あとこれも意外な知識なんですが、ヒグマは積極的に生きている哺乳類・鳥類を狙いません。
どちらかというと死肉を食べるケースが多く、腐敗が進んだ屍肉食なんかも食べてしまいます。
一般的には強大な捕食者のイメージが強いのでこれはちょっとビックリ。
足が速くて力もあるクマが狩りが下手とは思えませんが、
この雑食性は、おそらく長い生活の中でより安定して餌にありつけるように進化していった結果なんだと思います。

ただし、これは通常のヒグマの食事の習性です。
近年のエゾシカの急増に伴い、生きているエゾシカを狙うヒグマも増え始めました。
そして一度新鮮な肉の味を覚えてしまったヒグマはそれ以降、積極的に狩りを行うようになります。
これはエゾシカに限らず人間においてもそうで、一度人間の味を覚えてしまったヒグマは大変危険です。

ヒグマ ヒグマ


< ヒグマの生息地 >
前述したとおり、日本のヒグマの生息地は北海道だけです。
本州でもヒグマの化石が見つかるため昔は本州以南にも住んでいたようですが、
現在では確認されていません。

他種のクマと同じく森林を好みますが、原野も好むのがヒグマの大きな特徴。
これは山林にある固い葉よりも、原野に生える柔らかい草花を好むためと言われています。
知床の大きな原野で伸び伸びと過ごす姿には威厳とともに愛嬌さえ感じますね。
これからも守っていかなければいけない景色。

しかし近年問題になっているのは人間とクマの生活圏が重なってきていることです。
人間側は開発と称して山に近寄っていき、クマは異常気象による餌不足で里に近寄っていきます。
そのため人間とクマが出会ってしまう不幸が非常に多くなり、それは双方に不幸をもたらしています。
人間を恐れない「新生代クマ」と呼ばれる若いクマも増え始めているため、
クマと付き合っていかなければいけない地域の人々にとっては深刻な悩みになっています。

追記:
餌不足で人里にヒグマが出没するっていう話をよくニュースなどでやっていますが、
最近ではどうもそうではないのではないかという説が出てきました。
人里にやってくるヒグマは餌不足でガリガリかと思いきや、みな丸々と太っているらしいのです。
山の餌が不足しているのではなく「人里のほうが餌を確保しやすい」と思われているのではないでしょうか?
畑では必ず美味しい野菜や果物が得られますし、ごみ置き場を漁れば人間の食べ残しが見つかります。
ヒグマたちが賢い生き方を選択し始めた結果がいまの状況なのでは、という意見が増え始めています。

ヒグマ


< 冬ごもりと繁殖 >
ヒグマは知っての通り、冬になると穴にこもって眠るように過ごします。
よく冬眠という言い方をしますが、体温を下げて仮死状態のようになる冬眠に比べるとヒグマの眠りは浅く、
あくまで穴の中でじっとしているだけという表現のほうが近いと言えます。
そのため、ヒグマの場合は冬眠ではなく、冬ごもりという言い方をされる場合が多いです。

ヒグマの発情期は初夏で、妊娠をした雌熊は冬ごもりをしているその穴の中で出産します。
一度に産むのは1〜3匹の赤ちゃんで、体重は400g程度しかありません。
赤ちゃんはしばらくの間は視力も聴力もないため、穴の中で母親熊は母乳だけで育て続けます。
そして春になると穴から出てきてそのまま生活を共にし、1〜2年後には子供は親離れをして独立します。

ちなみに幼少期のヒグマにとって一番の天敵は成獣のヒグマ。
ヒグマは共食いをします。
子供を連れた母熊は絶対に他のヒグマを近づけることをしません。
同族が一番の天敵ってなんだか悲しいですね。
自然界だと当たり前の弱肉強食ルールなのかもしれませんが。

ヒグマ ヒグマ


< ヒグマのリスク回避 >
やっと本題です。
ヒグマは基本的に臆病な生き物ですし、決して好戦的ではないです。
ですが、人間にとって安全な生き物ではないというのは間違いありません。

まずは何より出会わない努力をしましょう。

人間もヒグマと遭遇したくないですが、それは向こうもそうです。
できればヒグマのほうも人間と遭遇したくないと思っています。
まずは不必要にクマが出没するような場所に立ち入らないことです。
登山、ピクニック、山菜取りなど、山に立ち入る理由はいろいろあるとは思いますが、
過去に熊騒動があったような場所はやはり避けるべきです。
特に雪が残るような春先の山は、冬ごもりの穴に気付かずに近寄ってしまうケースがあって最悪です。

どうしてもクマと遭遇する可能性のある場所に入らなければいけないときには、
大人数で騒ぎながら行動する、鈴や笛などの音が出るものを身に着けるなどをして、
遠くのクマにこちらの存在をわからせるようにしましょう。
定期的に棒で木を叩きながら進むのも良い手です。
そうすればクマのほうから距離をとって離れていきます。

ちなみにラジオは駄目です。
雑音を垂れ流しっぱなしのものは逆にクマの気配に気付けなくなるためかえって危険です。
こちらがいつでも音を出せて、逆にいつでも静まってまわりを伺える状態を作っておくということが、
遭遇リスクを下げることに繋がります。

ヒグマ


それでも万一遭遇してしまった場合、まずは落ち着くことです。

はっきりいって遭遇してしまったら100%の安全策というものは存在しません。
しかし慌ててパニックになってもヒグマを刺激してしまい状況を悪化させるだけです。
まずは落ち着いて冷静に状況をみて、できることをしましょう。

距離がまだ何十メートルも離れている場合は、ヒグマから視線を逸らさずに後ずさりして距離をとります。
クマは背を向けて逃げる獲物を追いかける習性があります。
この習性はとてつもなく強く、うかつに背を向けて逃げたりすればほぼ間違いなく追いかけられます。
ちなみにヒグマの走る速度は50km/h以上で、あのウサイン・ボルトより速いです。
間違いなく追いつかれて、間違いなく背中から襲われて重傷必至です。

ゆっくりと後ずさりしつつ、武器の準備もしなければいけません。
クマ対策の唐辛子スプレーなどを持っているなら手元にその準備を、
ないならば何か固くてリーチのある、武器になりそうなものを用意します。
どうしても何も見つからなければしかたありません、そのへんの石でもないよりはマシです。

ただしこのとき威嚇的なことは一切しないように。
あくまで距離をとって逃げ切るのが最良手で、武器の用意はあくまで最悪の展開への備えです。


それでもまだクマの方からこちらに近寄ってくるようなら、
持っている食べ物やリュック等を手放します。
クマがこれらに興味を持った場合はそのまま難を逃れることができるケースがあるので
そっと地面に置いて遠ざかるようにしましょう。

ちなみにこのときに手放したリュックや食べ物は、
「後でクマの脅威が去ってから回収しよう」などとは間違っても考えてはいけません。
後のヒグマの習性の項でも記述していますが、これは極めて危険な行為です。
一度クマに差し出した物は必ずあきらめてください。


ヒグマ


うまく逃げ切れたときはいいのですが、相手がこちらに積極的に近づいてきてしまったり、
もしくは曲がり角でいきなりバッタリ出会ってしまったりして、数メートルしか距離がない場合。
この事態になってしまったら、覚悟を決めて戦いましょう。

そんなバカなと思うかもしれませんが、この状況になった場合に一番生存率が高いのが「戦うこと」です。
この状況から走って逃げ切るのは100%不可能ですし、
死肉を食べるヒグマに対して死んだふりをするのは何の対策にもなりません。
この状況から無事に生還した人のほとんどは戦っています。

戦い方ですが、もちろん身体能力では人間はクマに絶対に勝てません。
どんなにパンチやキックを浴びせようが、棒で殴ろうが、クマの分厚い筋肉の前には無力です。
クマとの戦いで狙うのは「倒すこと」でなく、「戦意喪失させて逃げてもらうこと」になります。

なので狙いは急所の鼻先一点。
鼻先に何か強烈な一撃をお見舞いできれば、ヒグマは未知の痛みに驚き退散していくことでしょう。
クマと対峙するのは相当な恐怖ですが、勇気を振り絞って攻撃してください。
覚悟を決めて手を出さなければこちらの生存確率が低くなるだけです。
撃退スプレー、ナタ、杖の類を持っていれば相手の前足の攻撃より先にこちらの攻撃を叩き込めるはずです。

どうしてもそういったリーチのある武器が見つからない場合は、落ちている石を持ったり、腕時計を拳につけたり、
カギを刃が拳から出るように握り込んだりして、それで鼻先を狙います。
より接近を許すことになるので怪我をする危険が高くなりますが、
多少怪我をしてでもとにかく鼻先に攻撃を叩き込めれば命を落とすことはなくなります。

ヒグマ


そして究極に最悪の事態、突然の奇襲を受けてしまった場合です。
さきほどの武器による攻撃が失敗してしまったときも同様です。

覆いかぶされたり噛み付かれたりしてしまいますが、とにかく抵抗してください。
じっとガードしていても殺されるのを待つのみです。
とにかく手や足を、ヒグマの目や鼻があるであろう位置に全力で出し続けてください。
一発でも入れば相手はビックリして逃げていく可能性があります。
この状況になっている時点で怪我を負うのは必至ですが、追い払える可能性だけは放棄しないこと。


< ヒグマの習性、豆知識 >
ヒグマの習性を知識として知っておくと不用意に襲われる事態を避けることができます。
ここではいくつかその習性を紹介しておきます。

@自分の獲物への執着心が異常に強い
ヒグマは自分が手に入れた食料に対して「これは俺の物、奪おうとする者は敵」という意識が非常に強いです。
道端に小動物の食べ残しなどがあったら絶対に近づかないでください。
このときヒグマは敵意剥き出しで襲ってきます。
福岡大のワンゲル部が襲撃された事件はこの習性を知っていれば防げたであろう事故です。
あの事件のときは、一度ヒグマに奪われたリュックを持ち帰ったために執拗に狙われてしまう結果になりました。
一度奪われたリュックは、ヒグマにとってはすでに「自分のもの」になっていて、
それを回収して持って帰る行為はまさにヒグマの神経を逆撫でする自殺行為だったのです。


A子供のヒグマを守る母熊は危険
これはヒグマに限らず大抵の哺乳類に言えることです。
母グマは自分の子を守るために、近寄るものを全て敵とみなします。
小さいヒグマを見つけたときには「わぁ、可愛いー♪」なんてのん気なことを言わずに、
近くに「敵意むき出しの母親がいる」と思って警戒するようにしましょう。

B火を恐れない
獣は火を恐れるって知識は間違ってはいませんが、ヒグマに関しては例外です。
過去にヒグマの襲撃を恐れた事例ではみな火を一生懸命に炊いて難を逃れようとしましたが、
どれも効果は全くなく、無残な結果をもたらすことになりました。
ヒグマの前に火は無力です。

ヒグマの習性を実験する動画:

< 動物園やクマ牧場で楽しむ >
ヒグマは全国で大抵の動物園で飼育されています。
クマ牧場のようにクマに特化して飼育されている施設もあり、そういう場所では餌を与えることもできます。
人に飼いならされたヒグマはとても人に慣れていて、餌を持ったお客を見つけると、
こちらに手を振ったり、両手を差し出して「ちょうだい」のポーズをとったりと愛嬌を振りまくほどです。
野生のときとは違ったこういう姿のヒグマもなかなか魅力的。

あと動物園で集団で飼われているヒグマは社会性を持つことも知られています。
必ずボスとなるヒグマが現れて、ケンカの仲裁をしたり、見回りをしたりするそうです。
一匹狼での行動が多い野生の条件下ではほとんど確認できていない習性です。
環境が変わってこういうのが見えるってなんだか面白いですね。

ヒグマ


< ヒグマによる大きな事件 >
@三毛別羆事件
1915年12月に北海道苫前郡苫前村で発生したヒグマによる大量殺傷事件です。
日本では最大の獣害事件であるとされています。
Wikipediaの事件描写が怖すぎるということでも有名になりました。

12月に冬眠し損ねてしまった大きなヒグマが次々に村の民家を襲撃し、
重軽傷者多数、最終的に妊婦や子供を含む7人もの死者が出ました。
ヒグマは体長270cm、体重340kgに及ぶ大物で、たった数日間で何度も何度も村に姿を現し、
次々に住民を襲撃して食べてしまいました。
退治のために組織された討伐隊はなんと600人規模で、
ヒグマは最初の事件発生から5日後にマタギの手によって射殺されました。

三毛別羆事件
↑事件後に現場に再現されたヒグマの模型。家屋の入り口と比べるとその大きさがわかる。

A石狩沼田幌新事件
1923年8月に北海道雨竜郡沼田町で発生しました。
犠牲者は5人で、他3名が重軽傷を負っており、三毛別羆事件に次いで二番目の大きな獣害事件です。
当時ちょうど開拓の最中であったこの地域では、住民とヒグマの接触事件が非常に多く、
この事件はたまたま山中で羆の餌場に人間が近づいてしまったことで発生してしまったと言われています。

村の祭りが終わったその夜、深夜の山中を家路につく一行をヒグマが襲撃しました。
男性1人が死亡、もう1人の男性が生きたまま地中に埋められてしまいました。
ヒグマから逃げた一行は近くの民家に立てこもりましたが、追ってきたヒグマが再び襲撃。
女性1人が連れ去られて食い殺されてしまいました。
翌日には単身で退治に向かった猟師が返り討ちに合い死亡。
その翌日に300人規模で結成された討伐隊が山に入りました。
山中でのヒグマとの戦いにより1人の男性が犠牲になりましたが、ヒグマは無事退治されました。

石狩沼田幌新事件
↑沼田町郷土資料館で保存されている当該ヒグマの毛皮

B福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件
1970年7月に北海道の日高山系カムイエクウチカウシ山で発生しました。
登山にきていた福岡大学のワンダーフォーゲル同好会5人が次々に襲われ、
最終的に3人が死亡しました。

一度ヒグマにリュックを漁られた後、そのリュックを持って帰ったしまったため、
ヒグマに『自分の獲物を奪われた』という感覚を与えてしまいました。
そのため彼らのパーティーは何度も何度も襲撃を受けることになってしまったのです。
発生から3日後、地元のハンターの手によってこのヒグマは射殺されました。


< 近年のヒグマに関するニュース >
→2016年のヒグマのニュース
→2015年のヒグマのニュース
→2014年のヒグマのニュース

ヒグマの最新ニュース: